オーガンジー生地を使って手作りの作品を作り上げよう

細かな点を気をつけることで美しい仕上がりを生むオーガンジー生地

オーガンジー生地で手作りのドレスを作ろう

オーガンジー生地は透明感が高い生地になるため、ドレスなどに使用することができます。また、独特の生地質を兼ね揃えているため、家庭用ミシンでも利用することができます。オーガンジー生地の性質をきちんと理解して、手作りのドレスなどを作ってみましょう。

ミシンを使って作成する際に気をつけるポイントをランキング

生地
no.1

針や糸は細いものを使う

ミシンを使ってオーガンジー生地を縫い付ける際には、ミシン糸やミシン針をできるだけ細いものを使うのが一番基本です。その理由として、普通のミシン針などを利用するとオーガンジー生地を傷めてしまう可能性があるからです。

no.2

押さえに注意

オーガンジー生地は向こう側が見えてしまうほど薄い特徴を持っています。そのため、ミシンなどで使われている押さえの圧が強いとどうしても押さえの跡が残ってしまうことがあるため、注意が必要です。

no.3

生地と共に紙を縫って調整

オーガンジー生地そのものはとても薄い生地になります。そのため、そのまま縫ってしまうとミシン糸や針に生地を巻き込んでしまう恐れもあります。生地とミシンの間にトレーシングペーパーなどを挟むことで、巻き込むこと無く縫い付けられるので、慎重に扱っていきましょう。

オーガンジー生地を使って手作りの作品を作り上げよう

布

オーガンジー生地の扱いはコツが大切

初心者にもおすすめといわれるオーガンジー生地ですが、裁断などでは薄いがゆえにどうしても難しくなってしまいます。裁断や縫い始める前には、きちんとシワを伸ばしたりと細かな作業を行うのがコツとされています。

生地

裁断は丁寧に行う必要がある

オーガンジー生地は他の生地よりも薄いために、裁断の際にはずれやすいという難点がついてきます。そのため、裁断の際には生地を持ち上げるなどではなく、切り取りたい部分に重石を置き、ハサミを動かすようにして裁断する必要があります。また、この時に切りにくいハサミなどを使うと、ずれるだけでなく生地も傷めてしまいます。

ミシン

アイロンなどを使う際には温度に注意

オーガンジー生地には様々な種類があります。その中には耐熱性が低い生地もあるため、アイロンの熱などでも縮んでしまう恐れがあります。ですから、アイロンで折り返しなどを作る際には、低い温度で行いましょう。

布

縫い方で仕上がりは変わってくる

オーガンジー生地は基本的には袋縫いと呼ばれる方法で縫われます。この方法を使うことで、ふんわりとした仕上がりを作り出すことができます。また、縫う部分によっては縫い方向を変えることで、綺麗に仕上げられます。

手作りはこだわって作ろう

手作りで作品を作る際には、様々な点が気になってしまいます。しかし、そういった疑問を1つ1つ解決させていくことで、自分が納得する作品を作り上げることができるでしょう。