日本製から海外製まで様々なオーガンジー生地

様々なオーガンジー生地の種類を調べてみよう

オーガンジー生地の種類は様々

薄くしなやかなオーガンジー生地には、様々な種類が存在します。無地の生地もあれば、プリントがされている生地、ラメが織り込まれている生地など様々な用途に活用することができます。

人気の高いオーガンジー生地をランキング

ミシン
no.1

カラーリングが多い無地

オーガンジー生地の中でも様々な用途に使うことができる無地は人気が高いです。また、カラーバリエーションも多いため、ドレスなどはもちろん、リボンなどの小物作りにも使えます。

no.2

可愛らしいオーガンジーレース

レースタイプのオーガンジー生地はドレスにも使われますが、ウェディングベールなどにも使われます。また、ブローチなどの装飾にも活用されます。

no.3

水玉などのフロッキー生地

水玉などのフロッキー生地は、オーガンジー生地でも人気が高く、ワンピースやスカートの裾などに利用されます。また、他の生地と合わせることで、可愛らしいデザインになります。

no.4

キラキラとしたラメが特徴の生地

キラキラとしたラメタイプのオーガンジー生地は、ドレスなどで使われることが多いです。また、子供用のドレスや小物にもよく使われる生地になります。

no.5

様々な柄の転写プリント生地

転写プリントのオーガンジー生地は、オーガンジー生地本来の薄さと軽さをそのままに、様々なデザインの生地があります。また、プリント生地のため、他のオーガンジー生地と組み合わせることもできます。

日本製から海外製まで様々なオーガンジー生地

裁縫道具

生地によって用途が変わってくる

オーガンジー生地は薄くて独特な質感が特徴です。しかし、同じ生地でも硬さが違うものなどがあります。そのため、用途に応じて生地を変えていくことで仕上がりなどが大きく変わってきます。また、オーガンジー生地は生地同士を重ねて使用することで、また色合いなどが変わってきます。

布

カットがしにくい生地もある

オーガンジー生地の中には通常よりも生地が薄いものなど、特殊なものもあります。そのため、細かなカットなどを行うことができない場合もあります。そのため、そういった生地での作品作りはきちんと完成図をイメージしてから、必要分でカットしていく必要があります。

裁縫道具

オーガンジー生地は注意点もある

オーガンジー生地は通常の生地よりも薄地が多いです。そのため、気をつけなくてはいけないのが色物の生地と共に洗濯した際に、長時間一緒に入れておくと色移りしてしまう恐れです。乾かす際にも、重ならないように注意が必要です。

生地

海外製のオーガンジー生地も多い

オーガンジー生地の中には、日本製だけでなく海外で作成されているものもあります。海外製になると日本ほど様々な技術を駆使していないですが、1つ1つが細かく丁寧に作られているため、生地本来の仕上がりが違うといわれています。

自分の作りたい物に応じて生地を厳選しよう

オーガンジー生地は様々なものに利用することができます。また、用途に応じたデザインや種類を選ぶことができるため、自分が作りたいと考えている物に合った生地を厳選して、納得できる作品を作りましょう。