Shi-gyo

一つの目安に

相続税は思っている以上に多くの費用が発生してしまいますので、早目の内に対処しておくといいでしょう。そこで相続税のシミュレーションを実施する事で、発生する額も知る事ができますし、それに備えてしっかりと準備する事ができます。

離婚の専門家

夫婦が離婚する際には、財産分与や慰謝料の請求、子供がいる場合には親権についての話し合いが必要となります。もし決着がつかない場合には裁判が必要となりますが、その際には離婚専門の弁護士へ依頼すると良いでしょう。

事前に準備

難しい手続きにウンザリしてしまった時には相続放棄の手続きを依頼出来ます。法律のプロが迅速に問題を解決してくれます。

離婚をお考えなら、コチラの経験豊富なカウンセラーさんに相談しましょう。より良い方向性を導き出してくれますよ。

後継者のいない事業継承

相続は本人より残された遺族の問題です。特に相続税については遺族に迷惑が掛からないように生前から対策を考えておく必要があります。後継者のいない場合の事業継承の問題は重要です。後継者として自分の子供がいる場合には事業継承を前提として相続税の八割は延納とすることが出来ます。しかしながら後継者のいない場合にはどうしても対策が必要です。オーナー企業であれば株式の評価を行ったうえで相続税が掛かります。非上場の場合は類似企業の株価を参考にしたり純資産で評価されることになります。上場株式であれば相続税の支払い原資がない場合には株を売って原資とすることが出来ますが、非上場の場合は売却して資金調達が出来ません。生前に上場をするのも一つの方法です。

相続税の増税による負担増

今年から相続税が増税になりました。基礎控除部分が縮小したのと同時に最高税率が上乗せされました。従来なら支払は無くて良かった層でも支払い義務が生じるケースが増えるものと予測されています。株式や不動産の価格の上昇も顕著になっているのでこのことも相続税にとっては増加要素になっています。最近は無償で金融機関や税理士、弁護士等が相続に関するセミナーを開催しています。以前は振り向かなかった層のセミナーへの参加が目立っています。富裕層は以前から相続対策には熱心でしたが、今回は新たに今回の増税の影響を受けそうな層がセミナーに参加をして具体的な対応策を考えようとしています。事業としての賃貸物件の計画が増加しているのはこうしたことの結果です。

手続きや遺言書作成とややこしいことが多い問題は大阪の相続専門家に相談するのが賢い方法です。問題解決のエキスパートならこちらから。

京都で過払いを取り戻したいならこちらに相談してみてください。ご相談は無料なので是非活用してみましょう。